債務整理のメリット

債務整理をするとすでに返済をしていたお金についても過払い金の有無を確認し、過払い金があればその金額が戻ってきます。そのため、借金の残高と相殺して借金の金額を減らすことができ、残債を減らすことができるのです。さらに債務整理以降は利息も付きません。そのため債務整理をしてからは当初の返済期間よりも短い期間で返済することができます。

任意整理をする際にはテレビコマーシャルでも見かける通り弁護士に業務代行を依頼することができます。弁護士に依頼をすると家族や親せきはもちろん、周囲の人に知られることなく手続きを済ませることができるので借金があること、任意整理を受けることが周囲にばれるという心配もありません

女性また任意整理をするにあたっては業者を選択することもできます。そのため複数の金融機関からの借り入れがあるという場合には一つだけ債務整理をすれば十分に返済計画が立てられるというケースもあるのです。過払い金の金額によっては任意整理をするだけですべての借金が相殺されるということもあります。

デメリットとして任意整理を行ったら数年間は信用情報機関にその情報が残るので新しくクレジットカードを作ったりローンが組めなかったりします。しかし、これは借金を繰り返さないため、正しい金銭感覚を身につけるためにはとても有効なことであると言えます。

また、任意整理をしたらその金融機関からの借り入れもできなくなることがほとんどです。これもデメリットといえますが、同じことを繰り返さないためには有効であり、そのことも踏まえて任意整理後の生活プランを考えながら任意整理をすることが重要です。


Comments are closed here.