必要書類

任意整理を始めるにあたり、弁護士に相談をするとなればある程度の書類が必要です。弁護士の相談料は分刻みで加算されることも多く足を運ぶ回数が多くなるほど面接料を支払うケースもあります。そこである程度事前に必要書類を頭に入れておき、それらを用意したうえで面接に行くことが望ましいです。書類がそろっていると話も早く進めやすく任意整理の手続きの開始日も早められるというメリットもあります

キャッシュカードまず任意整理をするためには消費者金融のカードと今の残債がどの程度あるかという情報が必要です。借入額が増えていたり複数の金融機関から借り入れていたりするという人はどこからいくら借りているかということがわからなくなっている人も少なくありません。これは弁護士でも調べられない情報ですから自分で一通りまとめておくことが必要です。もしもわからないという場合には信用情報機関に確認をしておきましょう。

次に通帳のコピーで返済履歴を確認することが必要です。これも通帳にきちんと記録が残っていればよいのですが長期にわたって記帳をしていないと一気にまとめて記録されてしまいます。そこで詳細がない場合には通帳の取引履歴を発行してもらうことが必要です。使用用途を聞かれても任意整理と伝える必要はなく税金の書類で弁護士に提示が必要と伝えるだけで十分です。

本人の収入がわかるものも必要になります。給与明細よりは源泉徴収票を用意したほうが望ましいです。これも会社によって個人で発行ができるところと申請が必要なところとがあります。申請時に用途の確認がある場合には税金の書類で必要と伝えるので問題ありません。それ以外にも印鑑や住民票が必要なケースが多いです。


Comments are closed here.