任意整理の進め方

弁護士任意整理の手続きは自分でも行うことができます。しかし必要書類の作成はもちろんのこと、金融機関のやり取りも必要となるためかなり面倒ですし精神的な負担も大きくなります。特に金融機関とのやり取りは相手によっては強く威嚇されたり嫌がらせを受けたりするケースも考えられます。そのため弁護士に間に入ってもらって行うほうがスムーズに行えます。

弁護士に任意整理の手続きについて相談をする際、まずは相談する弁護士事務所を決めることが必要です。弁護士もいろいろな業務を行っており得意分野があります。そこで事務所を探す際には任意整理を業務として行っているところを選ぶようにしましょう。

任意整理を行っている事務所で依頼先が決まったら最初の相談日を決めます。これはインターネットで予約をする場合と電話とがありますから事務所の方法にのっとって行います。役所の無料相談を利用するというのも一つの方法です。役所の相談で次回事務所を訪れて相談する日を決めるということもできます

最初の相談では一通り現状の確認をしていきます。そのため、今の借り入れ状況をまとめたものと源泉徴収票のような収入のわかるものを持っておくと話が進めやすいです。ある程度話がすすめばその場で金融機関に過払い金手続きを始める旨を伝えてくれるケースもあります。

持ち物に不備がある場合や正式な契約が次回以降になるという場合には再度弁護士事務所を訪れて必要な書類の受け渡しや今の任意整理状況の確認、契約の締結といったことを行います。問題なければ任意整理が終わって最終的な状況確認まで呼ばれることがないケースも多いです。長くて半年、スムーズな場合には2か月ほどで任意整理が終わるのが一般的です


Comments are closed here.