Archives: 未分類

任意整理の進め方

弁護士任意整理の手続きは自分でも行うことができます。しかし必要書類の作成はもちろんのこと、金融機関のやり取りも必要となるためかなり面倒ですし精神的な負担も大きくなります。特に金融機関とのやり取りは相手によっては強く威嚇されたり嫌がらせを受けたりするケースも考えられます。そのため弁護士に間に入ってもらって行うほうがスムーズに行えます。

弁護士に任意整理の手続きについて相談をする際、まずは相談する弁護士事務所を決めることが必要です。弁護士もいろいろな業務を行っており得意分野があります。そこで事務所を探す際には任意整理を業務として行っているところを選ぶようにしましょう。

任意整理を行っている事務所で依頼先が決まったら最初の相談日を決めます。これはインターネットで予約をする場合と電話とがありますから事務所の方法にのっとって行います。役所の無料相談を利用するというのも一つの方法です。役所の相談で次回事務所を訪れて相談する日を決めるということもできます

最初の相談では一通り現状の確認をしていきます。そのため、今の借り入れ状況をまとめたものと源泉徴収票のような収入のわかるものを持っておくと話が進めやすいです。ある程度話がすすめばその場で金融機関に過払い金手続きを始める旨を伝えてくれるケースもあります。

持ち物に不備がある場合や正式な契約が次回以降になるという場合には再度弁護士事務所を訪れて必要な書類の受け渡しや今の任意整理状況の確認、契約の締結といったことを行います。問題なければ任意整理が終わって最終的な状況確認まで呼ばれることがないケースも多いです。長くて半年、スムーズな場合には2か月ほどで任意整理が終わるのが一般的です


必要書類

任意整理を始めるにあたり、弁護士に相談をするとなればある程度の書類が必要です。弁護士の相談料は分刻みで加算されることも多く足を運ぶ回数が多くなるほど面接料を支払うケースもあります。そこである程度事前に必要書類を頭に入れておき、それらを用意したうえで面接に行くことが望ましいです。書類がそろっていると話も早く進めやすく任意整理の手続きの開始日も早められるというメリットもあります

キャッシュカードまず任意整理をするためには消費者金融のカードと今の残債がどの程度あるかという情報が必要です。借入額が増えていたり複数の金融機関から借り入れていたりするという人はどこからいくら借りているかということがわからなくなっている人も少なくありません。これは弁護士でも調べられない情報ですから自分で一通りまとめておくことが必要です。もしもわからないという場合には信用情報機関に確認をしておきましょう。

次に通帳のコピーで返済履歴を確認することが必要です。これも通帳にきちんと記録が残っていればよいのですが長期にわたって記帳をしていないと一気にまとめて記録されてしまいます。そこで詳細がない場合には通帳の取引履歴を発行してもらうことが必要です。使用用途を聞かれても任意整理と伝える必要はなく税金の書類で弁護士に提示が必要と伝えるだけで十分です。

本人の収入がわかるものも必要になります。給与明細よりは源泉徴収票を用意したほうが望ましいです。これも会社によって個人で発行ができるところと申請が必要なところとがあります。申請時に用途の確認がある場合には税金の書類で必要と伝えるので問題ありません。それ以外にも印鑑や住民票が必要なケースが多いです。


債務整理のメリット

債務整理をするとすでに返済をしていたお金についても過払い金の有無を確認し、過払い金があればその金額が戻ってきます。そのため、借金の残高と相殺して借金の金額を減らすことができ、残債を減らすことができるのです。さらに債務整理以降は利息も付きません。そのため債務整理をしてからは当初の返済期間よりも短い期間で返済することができます。

任意整理をする際にはテレビコマーシャルでも見かける通り弁護士に業務代行を依頼することができます。弁護士に依頼をすると家族や親せきはもちろん、周囲の人に知られることなく手続きを済ませることができるので借金があること、任意整理を受けることが周囲にばれるという心配もありません

女性また任意整理をするにあたっては業者を選択することもできます。そのため複数の金融機関からの借り入れがあるという場合には一つだけ債務整理をすれば十分に返済計画が立てられるというケースもあるのです。過払い金の金額によっては任意整理をするだけですべての借金が相殺されるということもあります。

デメリットとして任意整理を行ったら数年間は信用情報機関にその情報が残るので新しくクレジットカードを作ったりローンが組めなかったりします。しかし、これは借金を繰り返さないため、正しい金銭感覚を身につけるためにはとても有効なことであると言えます。

また、任意整理をしたらその金融機関からの借り入れもできなくなることがほとんどです。これもデメリットといえますが、同じことを繰り返さないためには有効であり、そのことも踏まえて任意整理後の生活プランを考えながら任意整理をすることが重要です。


借金を債務整理する

家計簿誰もが借金をせずに生活をしたいと思っていますが、いつ何があるかわかりませんから突然借金をしなければならない状態に陥ることもあります。特に近年は長引く不況や雇用環境の悪化から思うように給与がもらえなかったり、ボーナスがカットされたり、突然会社がつぶれたりリストラに遭ったりということもあります。質素倹約な暮らしをしていても貯金ができないという人も少なくありません。

それ以外にも自分や家族が急に病気になったり事故を起こしたりすればまとまったお金が必要になります。その時貯金で賄うことができればよいのですが、難しいという場合には誰かに借りて工面するしかありません。そのような状況になり少しの間のつもりで借りたお金が返せないような状況になるということもあるのです。

返済ができない状態になってしまうと毎月の返済のために新たに借金を作ってしまうような状況もあります。どんどんと利息が大きくなり元本が返済できないような状態になるといろいろなところから取り立てられてどうにもできないような状態にもなりかねません。

多くの人は借金をして返済ができない状態になると自己破産をするしかない、そうすると人生が終わると勘違いしていますがそのようなことはありません。自己破産以外にも債務整理の方法はあり、状況によって適切なものを選ぶことが必要になります。その中でも負担が軽減できて返済のめどが立てやすくなる方法としてあるのが任意整理です。